スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道教育委員会が公開している教職員実態調査及びリーフレット

 北海道教育委員会が公開している教職員実態調査及びリーフレットへのリンクを資料庫に張りました。

 実態を知ることは改善の第一歩です。

 リーフレットを見て、提言2012で論じようと思っていた事項が多く載せられていたのに驚くとともに、この結果を公表した北海道教育委員会に心からの敬意を表します。


 一部を以下に抜粋しますが、時間を見て、このサイトでも詳しく見ていきます。


--------------

教職員の服務規律等の実態に関する調査について

Ⅰ 調査概要

1 経過・調査目的

 先の衆議院議員選挙にかかわり、子どもたちの教育に直接携わっている教職員が加入して
いる職員団体の幹部が、政治資金規正法違反により逮捕・起訴され、子どもたちや現場の教
職員はもとより、保護者や地域の方々にも大きな不安や不信を与え、本道教育に対する信頼
を著しく損なう事態となった。
 こうした中で、文部科学省から、新聞報道等で違法のおそれがあると取り上げられた事項
に関し、任命権者として調査するよう要請があり、また、国会や道議会においても教職員の
服務規律の確保等について様々な議論がなされたことも踏まえ、道教委として、子どもたち
や現場の教職員、保護者や地域の方々の不安や不信を取り除き、学校教育に対する道民の信
頼を確保するため、教職員の服務規律等の実態について調査を行ったものである。


(途中大幅に 略)


9 まとめ

 道教委としては、市町村教育委員会や学校と連携を図りながら上記の取組を進めるほか、
本調査結果を踏まえ、地方公務員法や教育公務員特例法などの法令遵守の徹底による服務規
律の確保や長期休業期間中の校外研修の厳格な取扱い、国旗・国歌の取扱い、主任等の命課
などが適切に実施されるよう、職員向けリーフレットの作成・配布などを通じて、教職員一
人一人に確実にその趣旨を周知するとともに、今後とも、初任者研修や10年経験者研修な
どの教員研修において、これらを重点事項として取り扱い、周知徹底を図るなどして、校長
のリーダーシップのもと、適切な学校運営が行われるよう、全力で取り組んでいく。
 なお、今回の調査の結果、法令等違反の疑いのある行為については、今後さらに具体的な
内容を把握・確認し、非違行為が明らかになった場合は、厳正に対処する。

-------------------------------

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

内部リンク
本サイトと一体的に運用されているサイトへのリンクです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。