スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リストカットの傷跡がある女子生

 徒リストカットの傷跡がある女子生。彼女らのその傷跡を目にするのは珍しいものではなくなりました。傷跡を見て「おや…」と思う。すると人一倍敏感な彼女らはすぐに話題を変え、「それ以上、中に入って来ないで!」と一瞬で防御線を張る。私塾という場では彼女らとの関わりはそれが限界。心の傷に寄り添うこともできず、またそのための場でもない…。そして湧き上がる無力感。主従で言うならば我々は従でしかない。あくまで主あってこその従。ぜひとも主たる公教育に奮起していただきたい。学校の放課後はそんな彼女たちの心のケアの時間であって欲しいものです。(克)

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

内部リンク
本サイトと一体的に運用されているサイトへのリンクです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。